MOVIE

タランティーノ監督第9作目「〜インハリウッド」

テレビAD時代の先輩が映画好きで、

その影響を受けて80年代の映画も結構好きなクロです。

 

生涯に10本しか映画を撮らないと宣言している

クエンティン・タランティーノ監督の第9作目。

 

「ワンスアポンアタイムインハリウッド」

みてきました。

 

 

タイトル長いけど、どこで略して良いかわかりません。

 

 

60年代のハリウッドを舞台にした今作。

実際に起きたシャロン・テート殺害事件なども織り交ぜ、

 

なにより当時の音や映像にこだわったと注目されている作品。

 

 

しかも2時間50分ほどの超大作。

 

そして何より、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターの共演。

 

 

内容は難解、というか当時の知識がないとわからないことも多く、

私はあまり理解できなかったように思います。

 

 

観客も、みた感じ40代以上の方が多く、

上映後に拍手が起こったり、古き良き映画館なのか、監督の個性なのか。は定かではありませんが、いい鑑賞時間を過ごせました。

 

 

すごい雑なまとめかたで申し訳ないけど、

タランティーノ監督らしさをスクリーン全面から溢れていて、ワクワクというよりも、淡々と凝った描写で綴られていました。

 

 

足元を写す描写がすごく多く感じたのだけど、何か狙いがあったのだろうか。

 

白黒映像や、当時のフィルム映像など、ラジオの音声。

車やカウボーイ映画のセットなど、随所に69年のハリウッドが忠実に再現されていて、(全く当時を知らないけど)その時代に思いを馳せました。

 

 

この時代はミュージカルも盛んに作られていたし、

人々が娯楽を求める最初の時代だったのかな。

 

もっとこの時代や、キャストのモデルとなった人物のことを知ったらオマージュじゃジョークも理解できて、この作品を理解できたであろうことが悔しいです。

 

 

ブラピもハンサムで活かしたキャラだけど、

それ以上にレオ様のハマり具合がすごい。

懐かしのオールデイ感と、ちょうどいい情けなさと。本当に幅の広い俳優さんだなと改めて驚きました。

 

 

タランティーノ監督の作品も全部見る!

と決めて、まだキリビル2までしか見れてないので、10作品目が公開するまでには(まぁ早くて3年後くらいだろうけど)全部みて行こうと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です