BLOG

経歴まとめ(中学生時代)

どうも、クロです。

 

自己紹介記事第2弾!中学生のお話です。

と、その前に、

 

小学校の話から読みにきてくれた人の方、手ぇあげてぇー!

ふむ、ほぼ全員ですね。

 

ということで、

 

今回は、多忙な生活を送っていた中学時代のお話。

 

小学校時代以上にダークな感じになっていきますので、

厨二心を思い出しながら、どうぞ。

 


 

中学は地元の公立学校へ。

 

そこは各学年2クラスしかなく、世にも珍しいとってもいい子が揃い、

むしろ受験したくなるレベルで、教師界隈では横浜一行きたい学校。

 

と、聞きました。

 

でも裏を返せば、

 

人数が少ないから部活動は10種類しかなく、

頭多い人ばかりだから、授業内容が高校レベルだったり、

逆にクラス分けの格差で、成績の二分化が凄まじかったり、

 

平和で素敵な学校だけど、すごい閉鎖空間にいた気がします。

 

 

クロはと言えば、

小三から塾に行ってるので、頭はいい方。

成績や授業に置いてかれることはほとんどありませんでした。

加えてサッカーをやっているのもあり、

 

スポーツ万能、成績優秀。

 

と見られていてもおかしくない人間ではあったと思います。

 

しかし、クロの中ではこれ以上ないほど、闇を抱え始めた時代でもあります。

 

 

では物語を紐解いてゆきましょうか。

 

 

冒頭に書いた通り、中学時代のクロの生活は多忙でした。

毎週、こんな感じのスケジュールでした。

 

もちろん、学校や塾での宿題もありますから、自由な時間はあまりなかったと言っても過言ではありません。

 

 

小学生の頃のサッカーチームは、中学生以上のチームもなかったので、

高校生や大学生もいるクラブチームに行きました。

(今はもうないチームですし、正直弱いチームでした)

 

そしてサッカーに影響しないようにと、他の球技ではなく「陸上部」に入りました。

 

サッカーをしてるとバレーボールでは頭でトスしちゃうし、

バスケでは足でパスしちゃうことが多いから、間違ってない選択だとは思う。笑

 

 

しかし、ここで入った陸上部。

これこそが最高に厄介で、私を長らく挫折の道を歩ませた原因となりました。

 

 

陸上部、というのは、

みなさんのイメージ通り、堅苦しくただ走るだけの部活です。

 

球技が好きな私は、最初の半年くらいは純粋に陸上を楽しめていましたが、

冬になり、長距離練習の期間になると、部活には行けども参加はしない、半幽霊部員になりました。

(※多くの陸上部は、春夏秋は陸上部、冬は駅伝部になります)

 

半幽霊部員。

つまり、陸上部に顔を出すけど、架空の怪我を理由に筋トレだけする。

 

走らない陸上部。

もはや外の筋トレ部。でした。

 

 

まっすぐ帰宅すれば、部活を休んだの?

と親から聞かれるのが目に見てている。

 

親の心配や口を挟まれることへのトラウマが、

部活を辞めるという選択肢をなくし、半幽霊部員という中途半端な存在にさせました。

 

 

しかし、悲劇はここでは終わりません。

 

 

往々にして筋トレや、トレーニングというものは裏切らないものです。

 

 

次の春。2年生。

 

私は部活で、レギュラーを外されました。

 

 

純粋にタイムで負けたのです。

 

 

1年前、入学時には、天と地ほどの差をつけていた他部員たちに、

純粋にタイムで負けたのです。

 

 

陸上というのはコンマ数秒を競う世界。

過去の成績なんて無意味。ただタイムにのみ価値がある。

 

 

1年前、チリとも思っていなかった他部員に負けた私は、

自分のことをゴミ以下だと感じました。

 

圧倒的敗北感。

打ちのめされたプライド。

ふつふつと湧き出る自己嫌悪感。

 

 

悔しさをバネに頑張れればよかったのに、

自分が本当はダメダメな人間だってことを、親だけにはバレたくない。

 

その一心で、ダメな自分を受け入れることを拒否し続ける日々が始まりました。

 

 

 

私は、言い訳を重ねていきます。

 

「走るのには飽きたから、飛ぼうと思って」

→ハードルや幅跳びに転向

 

「陸上はサッカーのためにやってるからどうでもいい」

→陸上と同時にサッカーも芽が出なくなりました

 

「小学生の頃は毎年、リレーの選手だったんだよ」

→わかりやすく過去にすがりました

 

 

そして、現実に絶望感しか感じなくなった私は、現実逃避を始めます。

 


 

漫画、アニメ、ゲームに没頭し続けたのです。

 

こんなイメージ。

寝ない分、授業で寝る生活。

 

 

行きたくない部活に参加してる間、頭の中は今朝の続きのゲームのことを考えていました。

 

しかもこの頃は、深夜アニメが非常に増えてきた時期。

 

「コードギアス」や「涼宮ハルヒ」など名作揃いの時代。

翌日教室でネタバレされるのが嫌で、リアルタイムで見ていました。

 

 

自分の挫折に目を背け続ける自分。

それを隠し続ける自分。

そこから逃げるように現実逃避し続ける自分。

 

 

今思えば、すごく苦しかった。

 

 

誰にも言えず、自分の感情を閉じ込めて、一人でい続けた時間。

表向きは楽しそうに振舞っていたけど、中身はボロボロのぞうきんメンタル。

 

 

そんな私を、ひとときでも救ってくれたのが、

アニメ、そして声優の存在です。

 


 

中学3年の春、今でも「一番好きなアニメは?」と聞かれたら必ず答える

「スレイヤーズ」という作品と、

主人公リナ・インバース役の林原めぐみさん、ゼロス役の石田彰さんに出会います。

(その頃やっていた「スレイヤーズ REVOLUTION」シリーズ)

 

深夜アニメを片っ端から見ていた私は、偶然この作品に出会い、

その魅力に、完全に取り込まれました。

 

今までに出たシリーズのアニメに、原作、今では手に入らないであろうゲーム化作品。

とにかく片っ端からこの作品を知りたかったんです。

 

 

これは後から自分を観察した考えですが、

主人公たち一向(リナ、ガウリイ、アメリア、ゼルガディズ、時にゼロス、シルフィール、ポコタなど)のワイワイガヤガヤした旅のメンバーに憧れていたんです。

 

嘘をつき続けて、泥沼の中で1人もがいてる自分自身に比べて、

仲間とともに、楽しく、悪を裁く姿が非常に眩しく映った。

 

純粋に羨ましかった。

冗談を本気で言い合える仲間がいることも、仲間と冒険に出ることも、自分に自信を持っていることも、魔法が使えることも、なにもかも。

 

ただただ羨ましかったんだ。

叶うことなら自分も旅に一向になりたかった。

 

 

 

これだけ好きな作品だけど、

なんで好きなの?という問いへの答えにはどれもならないと思っています。

 

ただ思うのは、

本当に好きなものやことには、理由なんてない。

 

 

ということなんじゃないかな。

 

 

それくらい出会うのが必然だと思えるほど、「スレイヤーズ」に。

そして1キャストである石田彰さんに、傾倒していきました。

 

石田彰さんが出演するアニメやゲームを片っ端から見るオタク精神。

高校受験の心の支えになった林原めぐみさんのラジオ番組。

 

 

多くの人が描く「声優になりたい」という夢。

その夢を、次第に私も強く願うようになっていきました。

 

この続きは高校時代へ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です