BLOG

経歴まとめ(小学生時代)

どうも、クロです!

自己紹介記事第2弾!!

 

今回は小学生時代の話。

ほんとは学生はまとめて書こうと思ったんだど、思ったより長くなったので分けて書きます。

 

 

幼稚園ではクラスの人気者。

昼休みも放課後も、幼稚園防衛隊!と勝手に思い込んでいた幸せな幼児時代に比べ、

 

小学生時代は挫折や、絶対的な母の言葉。

あまり面白いとは言えない学校の授業に、依存とも呼べそうな友達関係。

 

そんなクロの、まさしくブラックなお話になるかと思います。

知りたい方だけ、この続きをお読みください。

 

 


 

199396日神奈川県横浜市で、私は生誕しました。

 

遊ぶのが大好きで、昼休みも放課後も外でボールを蹴ったり投げたりしている小学生。

と思いきや、高学年になるにつれ教室の隅で本を読み、休み時間は図書館にいく文学少女に。

 

(当時ハマっていた「ダレン・シャン」)

 

 

思えばこの頃から、人生は傾いてきました。

 

そして小学校6年の時に、近くの女子サッカーチームに入ります。

 

この黄色いユニフォームのチーム。

当時はまだ携帯初期だったので写真がありません。

 

ここが結構強豪で、1年で関東大会2回、全国大会1回に出場。

しかも始めて1年未満なのに、スタメンに選ばれてしまい、

 

嬉しさよりも、チームメイトや親からのプレッシャーの方が大きく、

いつの間にか、試合中のミスを許せず、完璧を追い求めていました。

 

1回でもミスをしたら、

「自分はチームにとって必要のない存在」だと思われる。

 

そんな極限の状態で常に試合にのぞみ、

確かに競合相手でも通用する選手に成長することができました。

 

一方で、必要のない存在、と思われるのが怖かった私は、

チームメイトとどうしても打ち解けることができませんでした。

 

サッカーをしてる時以外、

小学生とは思えないくらい、人に気を使って静かにしてる大人しい子でした。

 

このことで、親からは何度も、

「楽しくないなら辞める?」

「孤立してる姿をみると、私の方が苦しい」

と言葉をかけられ、

 

これがよりプレッシャーになっていました。

 

「私はサッカーを本当に楽しめていないのか」

「辛いことから簡単に逃げていいのか」

 

結局、サッカー自体は10年以上続けています。

でも、いまだにサッカーが本当に好きなのか、にはいまいち自信が持てません。

 

 

 

教室の隅と、チームメンバーと距離を置いた場所が、私の居場所。

そんなクロのジメジメした地獄はここでは終わりません。

 

続きは中学生編へ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です